夢は地元で医院開業!医学部生の徒然日記
受験勉強

医者の近道、それは医学部予備校で学ぶこと!

安定した雇用、そして高い報酬と地位が魅力的な医師という職業は、最近の進学校生に大きな魅力となっており、空前の医学部受験ブームとなっています。以前なら東大や京大の理系学部が目指して受験生が、今では東大京大よりも地方の国立大学医学部を目指すくらい上位層では医学部人気が顕著に表れています。

さらに、私立でも国公立大学医学部を目指す優秀な受験生を囲い込もうと学費を大幅に値下げる大学が相次ぎ、私立の難易度も上がり、今では国公立私立に関係なく医学部全体のレベルが非常に高くなっています

下記の難易度をご覧になって分かる通り、一番難易度が低い医学部でも河合塾の偏差値では最低62.5以上が必要となっており、高度な学力が要求されています。

もちろん、私立と国立ではセンター試験対策の有無などがあるため、必ずしも偏差値だけで両方を比較することができません。

医学部偏差値最低ライン5大学

大学 区分 偏差値
川崎医科大学 私立 62.5
埼玉医科大学 私立 62.5
獨協医科大学 私立 62.5
北里大学 私立 62.5
徳島大学 国立 62.5

(引用:河合塾2019年度入試向け偏差値)

そんな高度な学力が求められる医学部への近道は医学部予備校で対策することです。医学部予備校と言えば、高額な学費で有名なため敬遠する人も多いですが、合格実績なら大手に負けていません。

大手進学予備校の場合、合格者数は圧倒的ですが、合格率はそんなに高くありません。医学部受験の合格率は約10%と言われていますが、医学部予備校は少人数教育と独自の指導ノウハウによって合格率70%や80%を実現しているところも少なくありません。

学費が安いと最初は大手予備校に行くものの、合格できずに最終的に医学部予備校に移って合格していく人が多いことからも指導実績の高さが証明されています。

確かに、大手進学予備校でも医学部合格する生徒が沢山いますが、多くはもともと優秀な学力がすでにあり、自分で学習管理ができるケースがほとんどです。現在の学力では医学部合格からほど遠い偏差値の人や、自己管理ができない受験生は生徒へのサポートが限定的な大手ではなかなか合格することが困難となります。

いっぽう医学部予備校の場合は、学力が低くても自己管理ができなくても多くの合格者が誕生しています。それは、徹底した学習管理と豊富な学習量が主な理由となっています。

医学部予備校では、1日12時間の校内強制学習を課しているところは多く、授業時間数も長く大手予備校の3倍学習する予備校もあります。また、日々の確認テスト、単元テスト、模擬試験など定期的にテストを実施して生徒の学習状況を把握・管理し、面談を交えながら対策を実施していきます。

受験生によっては、厳格過ぎて息苦しさを感じる人もいるかもしれませんが、一部の受験生を除けば、それだけやらないと医学部合格には到達できないほど難しい試験となっています。

医学部予備校を紹介または比較しているポータルサイトなどを活用しながら自分に最適な学習環境を見つけていきましょう。

医学部受験生が大手予備校に通うメリットとは

圧倒的な合格者を誇る大手予備校

駿台、河合塾、代ゼミが3大予備校として多くの現役生・浪人生から支持されていましたが、代ゼミが規模を大幅に縮小してからは駿台、河合塾、東進の3つが有名です。

駿台と河合塾は、医学部予備校など他の学習機関で勉強している受験生も模試だけは両予備校を受験している人がほとんど。
医学部予備校の入塾の際の奨学制度で駿台と河合塾の模試成績を合否判定に利用している校舎がいるほど得られるデータは高い信頼を得ています。

それではまずはこちら大手予備校についてそれぞれ確認していきましょう。

駿台予備学校

理系に強いと評判の大手進学予備校。
特に市ヶ谷校舎は医学部専門校舎として受験生の中では非常に有名。
全国各地から医学部合格を目指して生徒が集まってくるのが特徴です。
昔から「生徒の駿台」と言われるほど、生徒のレベルが高く、上位クラスでは非常にハイレベルな授業が実施されています。
そんな生徒の指導に対応できる講師陣も実力も折り紙付き。

河合塾

予備校を選ぶ際に駿台と必ず迷うのは河合塾。
医学部合格者数は駿台と並んでトップクラスで、受験指導の強さが伺い知れます。
河合塾は首都圏以外の医学部受験生におすすめかもしれません。
それは、医学部専門校舎を東京の麹町以外にも名古屋と大阪の2地域に設置。
わざわざ東京まで行かなくても名古屋と大阪でハイレベルな学習環境のもと勉強可能です。
関西や東海地方の現役高校生には魅力ですね。

東進

映像授業のフランチャイズ展開で全国各地に教室を設置する東進は、駿台や河合塾が地元にない受験生でも質の高い授業が受けられます。
講師陣はテレビでも有名なカリスマ講師陣をはじめ、優秀な講師を積極的に引き抜いたことで指導レベルの高い講師が勢揃い。
したがって、田舎であろうと東進の授業を受ければ、東京など都心に通う受験生と同じ勉強ができるのが最大の魅力。
医学部受験においては早稲アカや英進館系列の医学部予備校とタッグを組んで全国最大規模の医学部統一模試を最近始めたことで注目されています。

医学部予備校はあるけれど大手を選ぶ理由

医学部合格なら医学部予備校がおすすめですが、あえて大手を選ぶ理由は何なのか。
医学部予備校にはない大手のメリットを踏まえながらおすすめポイントを見ていきましょう。

学費や安い

大手は生徒数が多いので、講師1人当たりの人件費を生徒が負担する割合が小さい。
したがって、学費は医学部予備校に比べると安くて魅力的です。
よく、学費の安さで大手を選ぶ受験生もいるくらいで、経済的負担で医学部予備校が厳しい家庭にとっては選択肢となり得るでしょう。
また、学校法人なので定期が利用可能なのは、遠方から電車やバスで通う受験生にとっては非常に有難いです。
医学部予備校の場合は、小規模な校舎は学校法人ではないことが多いので、学割が効かないことが多いので注意しましょう。

生徒のレベルが高い

大手の医学部コースは選抜制。
したがって、全ての受験生が所属することができませんが、その分生徒一人ひとりのレベルが高いのが特徴。
そんな優秀な生徒に囲まれて授業が受けられるので、刺激を受けない訳がありません。
特に負けず嫌いな性格の受験生なら高い学習効果が期待できるでしょう。

自由で束縛がない

医学部予備校の指導は少人数徹底指導。
自習時間から帰宅時間まで徹底して管理されるので窮屈に感じるかもしれません。
ただし、その分嫌でも勉強時間が確保されるので学力は伸びますが、マイペースに学習したい人にはストレスかも。
いっぽう、大手予備校は自由です。
自分で学習計画を立てて実行に移せる受験生は、大手のほうがノビノビと快適に勉強できるでしょう。

最高の立地と学習環境

大手はやはり資金力が豊富なので、駅前一等地に自社で校舎を開校していることが多いです。
つまり、予備校専用に作られた校舎なので、学習環境に最適な作りになっています。
毎日の通学が便利なのはもちろん、下位的な学習環境で勉強に集中できるのは大手だからできると言えるでしょう。

まとめ

今回は大手予備校を選ぶメリットについて紹介してきました。
意外と大手に通う魅力も多いので、医学部予備校と迷うは当たり前かもしれません。
ただし、学力や性格によって大手だと失敗に終わるリスクが高い可能性もあるので、自分の学力や性格と照らし合わせながら予備校は選ぶことをおすすめします。

https://医学部予備校.biz/

page top