夢は地元で医院開業!医学部生の徒然日記
受験勉強

医者の近道、それは医学部予備校で学ぶこと!

安定した雇用、そして高い報酬と地位が魅力的な医師という職業は、最近の進学校生に大きな魅力となっており、空前の医学部受験ブームとなっています。以前なら東大や京大の理系学部が目指して受験生が、今では東大京大よりも地方の国立大学医学部を目指すくらい上位層では医学部人気が顕著に表れています。

さらに、私立でも国公立大学医学部を目指す優秀な受験生を囲い込もうと学費を大幅に値下げる大学が相次ぎ、私立の難易度も上がり、今では国公立私立に関係なく医学部全体のレベルが非常に高くなっています

下記の難易度をご覧になって分かる通り、一番難易度が低い医学部でも河合塾の偏差値では最低62.5以上が必要となっており、高度な学力が要求されています。

もちろん、私立と国立ではセンター試験対策の有無などがあるため、必ずしも偏差値だけで両方を比較することができません。

医学部偏差値最低ライン5大学

大学 区分 偏差値
川崎医科大学 私立 62.5
埼玉医科大学 私立 62.5
獨協医科大学 私立 62.5
北里大学 私立 62.5
徳島大学 国立 62.5

(引用:河合塾2019年度入試向け偏差値)

そんな高度な学力が求められる医学部への近道は医学部予備校で対策することです。医学部予備校と言えば、高額な学費で有名なため敬遠する人も多いですが、合格実績なら大手に負けていません。

大手進学予備校の場合、合格者数は圧倒的ですが、合格率はそんなに高くありません。医学部受験の合格率は約10%と言われていますが、医学部予備校は少人数教育と独自の指導ノウハウによって合格率70%や80%を実現しているところも少なくありません。

学費が安いと最初は大手予備校に行くものの、合格できずに最終的に医学部予備校に移って合格していく人が多いことからも指導実績の高さが証明されています。

確かに、大手進学予備校でも医学部合格する生徒が沢山いますが、多くはもともと優秀な学力がすでにあり、自分で学習管理ができるケースがほとんどです。現在の学力では医学部合格からほど遠い偏差値の人や、自己管理ができない受験生は生徒へのサポートが限定的な大手ではなかなか合格することが困難となります。

いっぽう医学部予備校の場合は、学力が低くても自己管理ができなくても多くの合格者が誕生しています。それは、徹底した学習管理と豊富な学習量が主な理由となっています。

医学部予備校では、1日12時間の校内強制学習を課しているところは多く、授業時間数も長く大手予備校の3倍学習する予備校もあります。また、日々の確認テスト、単元テスト、模擬試験など定期的にテストを実施して生徒の学習状況を把握・管理し、面談を交えながら対策を実施していきます。

受験生によっては、厳格過ぎて息苦しさを感じる人もいるかもしれませんが、一部の受験生を除けば、それだけやらないと医学部合格には到達できないほど難しい試験となっています。

医学部予備校を紹介または比較しているポータルサイトなどを活用しながら自分に最適な学習環境を見つけていきましょう。

https://医学部予備校.biz/

プロフィール

断捨離

断捨離

地方国立大学の医学部生です。親はサラリーマンなので将来は自力で医院開業の必要がありますが、夢実現のため頑張ります。

最新記事

特集記事

page top